シャブロン HOME > 商品の特徴 >3.天然成分主義

3.天然成分主義

CBプロポリスの製品は乳化剤や凝固剤、余計な添加物を使用していません。

当社が守り続けている製造の理念、それは「天然成分主義」です。

プロポリスはミツバチがつくりだす自然の産物です。ミツバチという生物の種(しゅ)がこの地球上に姿を現したのは、今から4200万年も昔のことだといわれています。
それに対して人類の歴史はせいぜい50万~100万年と考えられています。
プロポリスの役割は、時には5万匹ともいわれる密集した集団生活を送るミツバチが、巣の中の環境を清浄に保ち、外敵や雨水などから自らとその種族を守るためにあります。

人類がこの世に生を受けるもっと気の遠くなるような昔から、ミツバチは種族を守り、さらなる繁栄を得るために、周りの大自然を活用して、より強いプロポリスをつくり上げてきたのです。

CBプロポリスでは、この大自然がつくり上げた叡智の結集であるプロポリスを尊重し、ミツバチがつくりだした植物のバランスをできる限りそのままの形でお届けできるよう「天然成分主義」にこだわっています。

最高級品質クラスの原材料にこだわるからこそ、余計な添加物や人工化合物、薬品処理など、人にとって本来必要ないものを避けて製造しております。

良質のプロポリスを自然の成分バランスそのままに、余計な添加物を使わず製品化しておりますので、長期間安心してCBプロポリスをお飲みください。

bee.jpg bees.jpg

 

「業界唯一」の特許製法による粒状化

CBプロポリスでは、防腐剤や余計な添加物を使用せずに、プロポリスエキスの粒状化に成功しました。

 

プロポリスエキスの粒状化

プロポリス原液を得る方法として、CBプロポリスではプロポリスの原塊(げんかい)をアルコールに浸けて抽出する方法を取っています。

有用成分のひとつであるフラボノイド類が抽出されやすく、またアレクリンに含まれる「アルテピリンC」という注目の成分も確実に抽出できるため、この方法が世界的に安全で品質の良いプロポリスを作るとして知られています。

CBプロポリスは、アルコール抽出により抽出した原液を用いて、粒状タイプを製品化しております。

粒状タイプの製造開発に乗り出した段階では、この原液を使って粒状化するわけですから、凝固材や乳化剤の使用や厚い糖衣など添加物の問題に突き当たりました。

それでも、きちんとした製造プロセスを踏めば、プロポリスは凝固剤や余計な添加物を使用せずに粒状することが可能であるとの思いから研究を続けました。

そしてCBプロポリスでは長年の研究の結果、独自の製法を考案し、単にプロポリス液に添加物を加えて粒にしようという発想ではなく、繊維質の天然成分(ミクロン単位のセルロースの核)にプロポリスエキスを絡ませるという方法に辿りつき、プロポリスエキスの粒状化の特許製法の開発に成功しました( 特許製法「第3081873号」 )。
tokkyo.gif

プロポリス粒の製造過程
(製法特許:「第3081873号」)

粒状タイプを、ぜひ舌に乗せて転がしてみてください。すぐにほろりと形が崩れてくるのが分かると思います。

またCBプロポリス粒を水が入ったコップに入れると、こちらもすぐに水に溶けだしていきます。

この吸収のしやすさがCBプロポリスの天然成分主義の証です。天然由来の成分を使用し、体内ですぐに溶けて吸収しやすいよう、製品化されたものです。

kojo.jpg kojo2.jpg
CBプロポリス工場の様子

 

CBプロポリス液状タイプと粒状タイプ

CBプロポリスには液状タイプと粒状タイプがありますが、どちらもプロポリスの原塊(げんかい)をアルコール抽出したものです。

生活習慣やお好みにあわせて、どちらでもお好きな方をお選びください。

プロポリス独特の匂いや味の使用感を実感できると「液状タイプ」を好まれる方もいらっしゃいます。特にプロポリス使用歴が長い方には液状タイプの愛用者が多くいらっしゃいます。

一方で、飲みやすさや携帯性の便利さから、「粒状タイプ」はプロポリスを初めて飲む方からお仕事を持つ方など広く人気があります。 粒状タイプは、特許製法(第3081873号)により体に吸収しやるいように工夫しています。

当社のひとつの自慢は、「食品」を扱う上では当然のことですが、プロポリスを扱って30年を超える歴史の中で、ひとつの事故もなく、CBプロポリスをご利用いただいている多くの方から長年感謝の声をいただいていることです。


粒が水に溶ける写真

tubueki.jpg
粒タイプと液タイプの写真

本当に自信を持ってお勧めできる最高級品質クラスのプロポリス原材料を使っていますので、形状が液タイプであっても粒タイプであっても、安心して長く飲めるように製造しております。

究極のプロポリスを追求するためには、加工法にもこだわり自然の成分をできる限りそのままの状態でお届けしたい。 CBプロポリスだけのこだわりです。

 

体に不要な余計な添加物の使用は認めない

食品添加物には、食品の品質を安定させたり、腐敗を防いでくれたりといった働きがあります。添加物のおかげで現代社会の食品事情は大きな進歩を遂げました。

しかしながら食品業界では、食品の品質を均一化したり大量に生産するために安易に添加物に頼っているという側面も否めません。

当社では、皆様の健康を維持する健康食品として、本来は必要のない余計な添加物や時に有害性が指摘される合成料や保存料、防カビ剤など、少しでも体に負担がかかる成分をできる限り排除した製品をお届けしたいという思いがあります。

皆様の健康にお役立ていただくために、作り手である私たちが責任と使命感を持って、これからも変わらず安全で安心な製品をお届けしてまいります。

わたしたちは、健康な生活を送るために日常的に食品を摂取し、そして健康な生活を維持するために健康食品を摂取しています。

健康食品は本来、人の健康に役立つものであり、長く使っていただきたいとの思いから余計な添加物を使用しない製造方針を守っております。

例えばこのような基準でプロポリスを選んでみて下さい。

  • 現役を粒状化するのに凝固剤を使わない
  • 厚い糖衣を使わない
  • 粒とはいえ、水にすぐ溶ける

当社では、プロポリス専業として30年を超える歴史があります、CBプロポリス製品を長年愛用いただいているお客様の中には、当社の製造理念をご理解いただき、歯磨き粉や飴などの新商品を開発した時にも「CBプロポリスだから安心ね!」といってくださる方が多くいらっしゃいます。

私どもは、これまで30年以上をかけて培ってきたお客様の信頼に応えられるよう、CBプロポリス製品は「良質の製品であること」「天然成分主義にこだわり、本来、体に必要ではない余計な添加物の使用を避ける」ことをこれからも守り続けて参ります。